福袋

福袋を買う日本人って結構多いですけど、福袋というのは上手い商売だなと思います。
人間の心理をうまく利用していて、得したと思わせることができるわけですから。
福袋というのは、多くの場合値段に換算すれば、購入金額と同等以上のものが中に入っている場合がほとんどです。
したがって、そういう状況を見て「得した!買って良かった!」と感じる人は非常に多いと思います。
しかし、それは本当に得をしたと言えるのか?という部分が問題なのです。
例えば、1万円で買った福袋の中身が1万5千円分入っていたとします。
この状況では、5千円分得をしたと感じる人が多いのでしょうけど、実はたいていのケースでは損をしているのです。
見た目の金額だけで言えば、5千円の得に見えるかもしれないですけど、福袋というのは購入金額以上のものが入っていてもそれは得とは言えません。