伝説の泥棒が捕まった話

迷っている暇はない泥棒は目の前にあった絵に飛び込んだそれでこの男が泥棒に入ったのですかアトリエに入ってきた警察官の前に泥棒が一人虚ろな目をして座っている。
はいそうだと思います部屋が朝られて金目の物を持っていましたから。
しかし奇妙ですが何故この男はこんな虚ろな目をしているのでしょうなよく分かりません私が入った時にはもうすでにこの家の主であるが彼が答えるそうですかそういえばこの絵は何でしょうかこれですか私の作品です。
一応画家をやらせてもらっているので近代アートと呼ばれているものですねこの作品のコンセプトとしては警官は改めてこの国菜食の絵を眺めるただ絵の具を無節操に塗りたくってあるだけで価値がある絵には見えないが泥棒が心を奪われるぐらいの枝とても価値があるものなのだろう芸術というものは理解できないものだが画家のながながし説明を聞き流しながら警官は嘆息した。